カーナビゲーションシステムには、GPSからの電波を活用し現在位置や周辺の道路状況の把握ができる機能を持ちますが、子供の現在位置を確認できるGPSは随時現在位置を測定しているものではなく1分から60分ごとに衛星と通信を行って子供の現在位置を更新する仕組みを持つので多少のタイムラグが発生します。ただ、更新頻度が1分から設定できるものを使えばほぼリアルタイムの現在位置を把握できるのでそれほど気にされる必要はありませんが、製品により設定可能な更新頻度が異なるので選ぶときには更新頻度の細かさに着目することをおすすめします。現在の子供用GPSは、3Gや4G/LTEなどキャリアの電波を使っています。そのため、毎月の利用料が発生しますが回線の種類によりカバーされていない地域があるので利用範囲が使えるのか否かも選ぶときには着目しておかなければなりません。

都市部などではどのような回線でも問題なく使うことができるのですが、地方など山間部のエリアでは4G/LTE回線が使えないこともあるようです。ちなみに、3G回線は室内などの場所でも繋がりやすいので学校にいるときはもちろん、習い事などで教室内にいるとき友達の家に遊びに出かけているときなどでも現在位置の確認が可能です。子供用GPSに限ったことではないのですが、地下街などの場所はGPS衛星との通信ができなくなるので、近隣にあるWi–Fiや携帯基地局も使えるタイプを利用すると安心に繋がります。パタゴニアの子供服のことならこちら